Posts Tagged pc

旧PCとのお別れ

今使っているマシンの一代前のマシンについて
昨年初頭に動作不良のため現在のマシンに買い換えて使用を終えていました
当時HDDの中身を完全消去して手放す準備は出来ていたのですが、しばらく家で眠っていました
そのまま今年に入って、少し前の頃、最後の仕事を終えてお別れをしました
今までどうもありがとう

コメントする

QPC3

旧PCさんのお話

今年の1月までお世話になっていた愛機です
写真左側の本体とモニターです

VAIO TYPE-R 初代 (VGC-RA50)
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/VGC-RA70P/

これは2004年のボーナスで購入したものです
当時はけっこう奮発しました
その時点でのハイスペックマシンを導入しておけば、数年間快適な使用に耐えうるという発想です
今年新調したマシンもそうなのですけれどね
ハードウェアスペック面では申し分ありませんでした
今でも不満はありません、3Dゲームもネットも画像もいけます
難を言えば、近年メモリ不足に悩まされていたことくらいでしょうか…512MBだったのです
昨年夏ごろに不安定になって、色々と手を打ってみたのですがハードウェア面の問題だったらしく、ついに新PCへと切り替えました

何よりも、このマシンは筐体が美しいと思っています
出会った時に一目ぼれしました
概観と機能(熱設計)を両立させたというデザインに
とてもとても好きです、黒い無垢な直方体にメタルシルバーのライン
シルバー部はヘアライン無しの鏡面タイプだったかと、こっちのが好みです
括れた部分は黒いボディに黒い影を落とす、なんとストイックな雰囲気かと
もう二度とこれほど美しいPCの筐体には出会えないんじゃないかと思います

私の写真ではその美しさが伝わりませんので、ご興味のある方は上のリンクから公式サイトの画像を確認してみて下さい

外観と中身とすべてに思い入れのあるマシンでしたが、お別れです
ただ、まだ行き先が決まらず箱の中で眠っています
今まで本当にありがとう

写真の右手奥は新PCのガレリアさんです
こちらもとっても良い子(性能面で)
遠近法で小さく見えますが、VAIOさんよりもひと回り大きいです

余談
当時がんばって熱設計されていたというVAIOのエアインテイク構造ですが
使用年数が経過したせいでしょうか、最後に確認した頃、排熱がけっこう熱かったです
それに比べてガレリアさん、排熱の温度がかなり低いのですよ
発熱する部品一つ一つからもう違いますから仕方の無いことなのかもしれませんけれどね
技術の進歩はありがたいことなのです

コメントする

屠殺の園 win7

旧PCから新PCへのお引越しにおいて、ほとんどのゲームは出来る限りお引越ししてみました。
HDD容量はぜんぜん余裕ですしね。
ふと、振り返りたくなるときがあるから、便利だなって思ったんです。

私が移行したほとんどのゲームは問題なく動作していました。
ちょっとうまくいかなかったのがあったので、掲載してみます。
(あくまでも私の環境ではの話ですので、他の方の環境では問題なく動作しているかもしれません)

タイトル『屠殺の園』
メーカー:catear

OS:Windows 7 Professional 32bit

CDからインストールして、問題なく起動できました。
ところが、テキストの表示が読みづらくなっています。
テキスト部分を拡大。

このままだと快適に読めません。

対策1
互換モードで起動。
プロパティ→互換モード→XPSP3としてみましたが、表示は変わりませんでした。

対策2
XPモードでの起動。 (※基本的にWin7のProfessional、Enterprise、Ultimateエディションで使用可能)
結果は以下のとおりで、なぜかきれいに描画されているんです。
描画系はハードウェア依存でXPモードにしたところで変わらないんじゃないかと予想していたのですが、実際はそれに反して。
なぜうまく行ってるのかわからないのですが、問題は解決しています。

ついでにXPモードのことを少し調べて試しました。
XPのデスクトップを表示せずに、アプリのwindowを直接起動して表示するモードがあるって、以前ネットニュースの記事で読んだのですが、どうすればいいのかわからずに調べました。

上記は「仮想アプリケーション(機能)」と呼ばれるそうです。
WinバーチャルPCからヘルプを開いて、上記文字列で検索。
すると手順が書かれています。
それに従ってみたら問題なく出来ました。

この方法を使用するには、XPモード上にソフトのインストールが必要だそうです。
あくまでも私がやってみた状態なのですが。
ホスト:Win7
ゲスト:WinXP
という状態におきまして、

ホストからヴァーチャルPCのXPモードを起動。
ゲストのデスクトップからエクスプローラーを起動。
ホストのHDDにアクセスできるため、ホスト内ゲームフォルダをゲストのドライブC:¥以下にコピー。
(インストールディスクを引っ張り出すのが面倒だったので、フォルダごと放り込みました)
ゲストのスタートメニュー、ALL USERに、ゲストにのドライブにコピーしたゲームのショートカットを作成。(※)
ゲストのXPモードを閉じる(またはログアウト)
ホストスタートメニューのヴァーチャルPC以下に、ゲームのショートカットが追加される。
該ショートカットの起動で、ゲームウィンドウがオープン。
XPモードのデスクトップが表示されることはないが、ゲーム自体はXPモードで動作している。

ちなみに、(※)のところでもうひとつ試行しています。
ゲストのスタートメニューに、ホストのドライブにインストールされているゲームのショートカットを作成。
ゲストXPモード閉じる。
ホストのスタートメニュー、ヴァーチャルPC以下にゲームのショートカットが追加される。
ここまでは上と同じなのですが。
そのショートカットから起動しようとしても起動できなかったです。
タスクトレイを見ると、セキュリティ上の警告が現れて、一定時間経過後に警告アイコンは消えて、ゲームも起動できないまま、という結果でした。
詳しくはわかりませんが、普通にヘルプどおりにやるならば
XPモード下のドライブへのインストールが間違いないようです。

お話は戻ってこのゲーム。
テキストの表示の問題を解決できればXPモードは要らなさそうなのですが、公式はどうでしょう。
対応はWinXPまでとなっていますね。
7対応とか、パッチとかは無いようでした。

フォントによる解決とかも出来ないかなぁと思いつつ、未トライです。
まぁ、ひとつ解決しているからそこまで頑張らなくてもって感じで。

ちょいとカティアからリンクをたどってデジケットへ。
時々見ます。
以前遊んだゲームがショタにカテゴライズされていて吹きました。
それ狙いで買ったんじゃなかったのですが、たしかにいたなーって。
ゴスロリ特集ですと?!
うわー、DLサイトって面白いです。
ゲームとして大事なのはCGやキャラデザよりも内容に興味を引かれるか、楽しめるかなのですが
キーワードとしてタイトルを知るきっかけになりますにゃ。
屠殺もゴスロリヒロインってのが購入の動機の一部を占めていました。

コメントする

気が向いたので

現PCさん、Win7の初期評価をぺたり。

HDDは5400rpmゆえにこの結果なのでしょう。
いいんです、7200とか10000クラスとか、音がすごいので。

新PCセットアップ記をブログで書こう思っていたら、予想以上に内容盛りだくさんで書く気がうせちゃたので
そのときに取っといた画像をはっときます。

本当に気が向いて余裕があったらセットアップ&お引越し日記をアップします。

コメントする

アンディー・メンテと新PC

新PCを選ぶときにこだわったことがあります。
それは、モニター。
最近はみんなワイドの大画面です。
だけど、私は解像度800×600を表示可能、かつ、アスペクト非を維持(4:3モードあり)
っていう縛りで探しました。

それは、古いゲームを画面に大きく表示して遊びたいから!

PCゲームの全画面表示、古いソフトだと、ワイド画面で全画面にすると横に伸びちゃったりしてしょんぼりです。
でも、通常ウィンドウサイズのままではかなり小さいです。
てなわけで私には4:3モードは必須でした。

あと、(今となっては、デスクトップ向けとしては)低解像度である800×600。
まぁ、これが下限のいいところでしょう。
Win98時代くらいにこの解像度を普通に使用していたので、っていう判断基準です。
さて、ここでアンディー・メンテ。
90年代からゲームがリリースされています。
そして、ウィンドウサイズの小さいものも多いです。
そんなときにモニターを低解像度にすれば、相対的にゲームのウィンドウが画面上で大きく見えて楽しいなと。

そんな狭い(けど私にとっては重要な)理由でモニターを選びました。
PCショップ店員さんのお勧めでLGにしました。
自分でもネットで探してたのですが、上記のような仕様情報をなかなかうまく見つけられずに苦戦してました。

仕様はこんなです。
22インチワイド液晶モニター
最大解像度 1920×1080(ワイド)
最低解像度 800×600(4:3)

では、実際にゲームを起動した画面です。
解像度は1920×1080。
こちらは、ビクトリー、あんだわ、あんだわEX。
ビクトリーは画面に対してかなりちっちゃいですね。
EXは存在感があります。

では、解像度800×600にしてみると、
ビクトリーのウィンドウが結構大きくなってうれしいです。
Win95や98あたりの時代を彷彿とさせます。

さらに、800×600であんだわとEX。
あんだわは迫力の大画面。
そしてEXは入りきらずに切れました。

と、上記のように試してみましたが。
私の環境で最大解像度である1920×1080でも、ビクトリーとか意外に小さく感じなかったです。
画面全体の中では確かに小さいけれど、小さくて遊びづらいということは決してなく。
まぁ、デスクトップ用の22インチということもきいているのでしょうけれど。
満足して遊べました。

コメントする

ナカミチさんがいらっしゃいました

新PCのスピーカーが無くて困ってたら、なんかすごいのがうちに来ました。

なにこの大きいの?
ウーハーなのだそうです。
PC用? 本当に?
ちなみにこのウーハーのサイズ、
φ20cm、H20cmくらいです、迫力です。
というか場所とります。
どこにおけばいいのでしょう。
そしてうちはマンションです、大丈夫かな、こんなすごそうなの使って。

さらに裏を返してみて、パワーサプライを見てみるとこんな感じで。

ちょ、14V、1.8Aってどういう!
アンペア数高く感じるのですがどうでしょう、
たいしたこと無いですか?

ナカミチさんというところを調べたら、スピーカーなど音響機器のメーカーでした。
日本国内ではもう販売していないそうです。
AV系はぜんぜん凝っていなかったので知らなかったのです。
 
 
 
さて、ここで最後にひとつ問題が。
スピーカーLRとウーハー、電源も来たのに、
PCと接続するケーブルがありません。

買ってこなくっちゃぁ。
それまではまだヘッドホン暮らしです。

コメントする

PC購入

今日は秋葉原でPCを購入

去年のお盆ごろからPCが不調で、新調したかったのです

今までだましだまし使ってたけど、もうかなりだめな感じなので、急いで買いに行きました

一体型、VAIO TYPE-Jが欲しかったのだけど、私の求めるスペックに見合わずに断念

ヨドバシなどで販売されているモデルでも欲しい条件を満たしてくれない、
そんなわけで基本的にBTOの方向で

一応、まずはヨドバシ1FでHPをチェック、うーん、条件に対して合わない

次、ドスパラ
安い! こんなにハイスペックでこの値段?!
スペックも全然問題なし!

次、パソコン工房
ドスパラと値段は変わらない感じ、
各パーツの細かい仕様の違いは見てないです
こだわるときりがなくて、今は労力をかけずに早く使える道具が欲しい

次、Ark
スペックは問題ないけど、ちょっと高め

なんとなく、印象で、ドスパラに決定
店員さんも親切丁寧に対応してくださって○

BTO見積もり、一部ハードウェアの動作確認などして購入
後日届く予定
これで一安心
旧PCからデータのお引越しがんばろう

win7です、そして初のBTOでした

ネットで調べていたときは、いろいろわからないことがあって、はっきり行って今回PCを探したり選んだりするのってかなり苦痛というかストレスで何度も挫折したり投げ出したりしていたのですが

BTO店頭でも出来るよってアドバイスをいただいて
実際に店頭に行ってみたらとてもあっさり決まりました
行ってよかった、買えて良かった

いやぁ、今回は一体型欲しいと思ったんだけど、結局ミドルタワー、ぜんぜんパソコンが小さくならない
そして内臓HDDを追加するという構成も今まで買ったすべてのPCと同じ、変わらないなぁ
スペック重視したがるからなんだろうけどね

届いたらお引越しと、使いやすい環境に整えるということをしばらくがんばろう

Comments (6)