スパーク準備日記 2013-4

雪シキ1号辺りの個人誌の製作日記(9月下旬~10月頭)
前回の続きです、またしても当時の妄想やあまり関係の無い話入り(ピンクの文字)

9月下旬
作業用BGM:RSサントラ1&2
本用のテキストファイルを新しく作成、項目(出来事)タイトルとコメントを消して本文のみにする、すっきり
ws021224
印刷した冊子を読む
文中で「(台詞)」括弧使用
描写をもっと具体的に、例を示して、詳しく、表現を豊かに、生き生きと、したい

本文作業、直したり書き加えたり
序盤がぐちゃぐちゃとしているのでなんとかしたい

乱造・ハル・シキ・ヴィバルディ竹原について、RSにおけるシキの行動、輪廻転生とは、アケローンについて、等々おさらい
・余談
雪は1号が知らない彼の両親の命日を知っているかも(妄想)

編集した本文テキストを推敲のため再び印刷して冊子化
序盤の段落をざくざくと並べ替えて手直し、少しすっきりしてきた気がする

ジス帝からの科学研究所と白川家おさらい(不明だらけだけど)
ハルの活動拠点は何処? 雪が生まれたのはいつ? 乱造さん何してたの???<混乱>
怪プリ~RSは結構な年数があるイメージ

本文の間違い発見!
1話でエデンの遺跡の発掘が再開されるという話が出ていた、再開のタイミングがもっと後だと勘違いしてたーっ→修正
進みが遅くて間違いが多くて不器用で…自分でダメ出ししてしょんぼりだけど、失敗を未然に少しでも防げたと思えばいいし、うんうん唸って自力で何とか解決できると、やったって思うし、がんばろう

ジスナナ新聞おさらい→<大混乱>化たすけて

1号の<自我>について調べていたら、意識・無意識辺りの解説サイトに行き当たり、面白くて読み耽り夜更かし
・和解後の1号が突然雪をブッ殺す可能性も無きにしも非ずだよねぇ、なくてよかったね
・1号がスパッと意見を変えたり、急に恨むのをやめるとか言い出すのは、抑圧されやすいから?
※抑圧とは:自動的に心の奥底、無意識に感情をしまいこむこと
過去に色々あり過ぎたんだ・・・

また問題点発見
シキの好きな人は父、母、弟。乱造さん入ってるよ重要だよ!
RS本編やラブショのイメージだと嫌ってそうなんだけど、実は違う?
例えばシキは乱造をエデンの遺跡の発掘に参加させようとしていたみたいだし、頼っているとか認めているとか
けっこう険悪な関係に書いていたのでこの辺りを修正しよう

本文の気になった所を一通り直して、あとがきを書いた

表紙とタイトルどうしよう
雪の後姿→RS1話のシキ・乱造とかぶる
アーク銃→誰の銃か分からない
→試験管にしよう! 壊れ物!
タイトルはいくつか案を出して、最後に出てきたものを選択
色のイメージは先に思い浮かんでいて、水色、紺などの青系
RGBとCMYKがよく分からなくて苦戦→妥協、どうなるかなー…
PDFのフォントの埋め込みが出来なくて苦戦→色々調べたら埋め込み出来て、またはテキストのアウトライン化で解決
・満月の夜が近付くと、まだかなまだかなってそわそわしだす1号さんを受信(<馬雪大好き)
・雪見だいふくクッキー&クリームを食べました、クッキーの存在感がもうちょっと欲しいけど、おいしいっ
・一瞬、ヴィクトリーヌと1号の可能性を考える(SISランダムでヴィク→1号、巴投げ!という場面に遭遇したので)

本文最終チェック
違和感が無いか音読して確認→半分行かずに喉が疲れる、ヨワイネ
テキスト読み上げソフトで誤字脱字チェック→結構見付かる、便利! 自分でいくら読んでも見付けられない物がいっぱい
誤字、脱字、何度も使っている単語や接続詞(言い回し)の重複回避、等を修正
前書きというか説明文を追加
・出先でマッコウクジラの頭部の模型(S=1/1)を見上げて、巨大だし黒いしドラゴンのベガってこんな感じなのかなと思ったり、これは1号さん怖いよね(RS相談室)

印刷所に入稿(初めて)
さてさて、どんな風に仕上がってくるのかな、どきどきします

10月上旬
入稿後にあとがきの書き忘れを思い出す
うーん、イベントが終わったらブログにでも書こう

追ってオフラインのページに情報を掲載いたします

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中