エヴァフィギュア続き

うわーん、ノートPCって使いづらい
今は自分のデスクトップが瀕死のため、ノートを借りて編集中
なれないと、つらいよ

エヴァフィギュア続き
眺めていればいるほどはまるし、発想やネタやら、話題も尽きない

まず、後ろから眺めて思うのは、このシリーズはふくらはぎがイイ!

足へのこだわりとしては足首なんかはメジャーかと思うのだけど
これに関してはだんぜん ふくらはぎ !!!

ひざ下から足首にかけてのラインが美し過ぎる

足首きゅっ よりも上に目が行ったのは、
基のデッサンからして細長いからかもしれない

以下、ふくらはぎ写真


こんなのばっかり撮ってる自分がやや変態じみて感じて、それで気分がよくなったりして、まったく趣味の世界に浸るってのは楽しい

はぁ、魅力的・・・・
ミサトさんの素足もいいけど、(あれ、もしやストッキング着用???)
プラグスーツもいいなぁ
やわらかい素材で体にフィットして、体のラインがダイレクトに出て、
そいでもって、ううー、すべすべ滑らかなのだろうなぁ
でも、耐熱とか耐衝撃なんかに優れてるんだよね、きっと
中身の輪郭だけを見せる強固な壁
なんか、そう考えるとエロティックとストイックが混在しているということに

お次、表情編

5人の中でシンジ君とレイだけ、表情に憂いの表現がある

目頭の部分、上側に落とされた小さな翳
憂いを感じさせる、
アスカとマリには付いてない、
繊細な子のしるし、繊細っこ好き

シンジ君は、新劇場版を見るまでは、そう、過去にはあんまりそう思っていなかったんだけどね
新劇場版を見てからというもの、「美少年」に見える

確かに新劇ではいろいろクオリティ上がって、皆美人度がアップしてるし、今風にリファインされているっぽいし、絵柄の安定感もあるしね
みんな綺麗
だけどなぜだろう、美少女はもとから美少女だったのに
シンジ君は??普通のちょっとかわいいめの男の子→美少年という認識に私の中で変化

性格の面もあるのかなぁ

新劇でのもてっぷりがすごいと思ったけれど、過去の彼との違いもその所以のひとつか

話は戻って、考えてみるとシンジ君が美少年たることに説得力のある理由が見つかる

その1
お母さんがユイさんであるということ
ユイさんは美人さんな上に先生にもゲンドウさんにも気に入られるというもてぶりなのだ
回想で垣間見える彼女の性格面も素敵
シンジ君は今のところお母さん似だと思うんだ(顔がね)
中身の暗く深い要素は、ゲンドウさんのDNAが強いのかなぁ、イメージに過ぎないけど
ユイさんは謎が多い、よくわからない
えと、造形とか素地が良いのだから、中身も素敵になるとよりいっそう美人さんになるよということで

その2
レイとシンジ君が近い存在であるということ
レイとユイさんの関係がある
そしてレイとシンジ君が似ているならば、
レイは定評のある美少女なので、シンジ君も美少年であってなんらおかしくない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中